蓄電池:ReCHARGE

照準はEVとの共存時代!! 蓄電システム容量14.4kWhが理想形、ポイントはAI機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
月刊スマートハウス別冊蓄電池専門誌ReCHARGE(リチャージ)No.2

ReCHARGE(リチャージ)No.2
月刊スマートハウス 別冊 蓄電池専門誌 2017年12月

蓄電業界が自家消費時代へと進む中、未来に向けた蓄電池システムの在り方について取材を受けました。CO2削減を視野に入れたEVへの蓄電池活用、多様なライフスタイルや条件に合わせ、AIが最適な運用をコントールする新しいシステムを紹介いたしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加